2008年10月04日

室内ガーデニングをもっと楽しくするポイント

室内ガーデニングの観葉植物やサボテンは、花が咲くでもなく、成長の変化も小さいので、ちょっと物足りない気持ちをしている人も多いのではないでしょうか。
そんなときには気分を変えるために、小さな雑貨をプラスして、植物を可愛らしく飾ってみるのはどうでしょう。

入れ物や、置き場所を変えるだけでも気分転換になりますが、お気に入りの入れ物に、小さな観葉植物を入れて、使わなくなった小さなお花の付いた髪留めのピンなどをいくつか、土にちょこんとさすだけでも、まるで花が咲いたかように、とても可愛らしくなります。
室内ガーデニングを楽しくするアイデアです。

初心者の人でも、気軽にできるガーデニングは、大きな葉を広げている観葉植物に、色画用紙などで作った小さなモビールを下げましょう。
紙で出来ているので、とても軽くて茎に下げても安心です。
しずくや花や蝶の形を、色々な色の画用紙で作って下げると、ちょっとした風にも揺れて、癒してくれます。
室内ガーデニングで、寄せ植えを楽しみたい人には、金魚鉢に土と根腐れ防止剤を入れ、割り箸を利用し、小さな植物を植えつけてみるのはどうでしょう。
水のやりすぎに注意して、蒸れないように育てれば、金魚鉢も立派なガーデニング用品になります。
金魚鉢の他に、お洒落なガラスの器などを利用しても良いと思います。
posted by (屁)理屈オヤジ at 17:34| ガーデニング

便利なダーデニンググッズで、手軽にガーデニング

ガーデニング初心者でも、お花が好きな人なら、簡単にコンテナ類を使った寄せ植えをすることができます。
ガーデニング用品店に行くと、色々な道具がありますが、基本的な道具は地植えと同じです。
初心者でも扱いやすいのは、バランスが取りやすくて、丸型で口が広くて浅い、「ローボウル」です。

旅行や、少し家を留守にした時の植物への水やりは、ガーデニングを楽しんでいる人にとって、困るものです。
発砲スチロールの箱や、トレイなどに水を張って、鉢植えやプランターを並べて置いたりする方法もありますが、ガーデニング用品店では、ペットボトルの水やり用キャップや、タイマーで自動的に水やりができるものなども売られています。

ガーデニングは好きだけど、虫が嫌という人は多いと思います。
ガーデニング用品には、ハーブの香りの虫除けキャンドルの他にも、日除け帽子にも、ネットやカバーが付いていてUV対策、虫除けができるものもあります。
網付きの帽子は、格好悪いと思う人も多いでしょうが、便利なものは積極的に取り入れて、快適にガーデニング作業しましょう。

庭を綺麗にしても、どんどん生えて大きくなる雑草には困ってしまいます。
ガーデニング用品店には、小型のものから大型のもの、ナイロン糸刃を使ったもの、充電式やコード式のもの等、色々なタイプの草刈り機があります。
使用する場所と使用する人に応じて、最適なものを選ぶといいでしょう。
posted by (屁)理屈オヤジ at 17:34| ガーデニング

土壌酸度計や植え付けの深さ測り・高枝きりバサミなどガーデニング便利グッズについて

「土壌酸度計」は花や野菜を美しく、元気に育てるために大切なガーデニングアイテムです。
「土壌酸度」は、土の中の水素イオン濃度のことで、水と同じくPHで表します。
土壌酸度計は、ガーデニング用品店でに入手することができ、価格は3000円前後です。
水分も計測でき、中には照度まで計測できるものもあります。

チューリップや水仙、ムスカリ、クロッカスの球根の植え付けに便利なガーデニング用品の一つに、棒に目盛りがついて、植えつけの深さを測れるものがあります。
小さい球根から、中くらいの球根まで、色々な植え穴を作ることができて、種まきのにも使うことができ、ガーデニングにとても便利な道具です。

「簡易温室」は、植物を冬の寒さから守るための、手軽に使えるガーデニング用品です。
ガーデニング用品店で、大きさや形、場所に応じて、様々な簡易温室が売られています。
軽量で設置も簡単なものが多いので、女性でも楽に設置などをすることができます。
小さく畳んで収納することもでき、ベランダガーデニングにもオススメの道具です。

庭木は定期的なせん定が必要です。背の高い木のせん定には、普通のせん定鋏と脚立を使う人が多いと思いますが、「高枝切り鋏」を使うと、とても便利です。
せん定に適した時期は、春の萌芽が一段落する、6月頃と夏の成長が止まる10月頃が、常緑の木、葉が落ちて休眠期となる11月から3月頃が落葉の木となります。
posted by (屁)理屈オヤジ at 17:34| ガーデニング

ガーデニングを楽しく行うグッズや雑貨選び

ガーデニングを快適に、よりスムーズに行うため、便利なガーデニング用品に「ガーデンエプロン」があります。
ガーデンエプロンは、大きさやデザインも色々ありますが、撥水加工を施したものや、ポリビニールやクロライド素材などの水を弾くもので、ポケットが沢山付いていて、使いやすい物が一番だと思います。

スニーカーや運動靴で、ガーデニングの作業をしている人も多いですが、ガーデニング靴を使った方が、より快適に作業することができます。
選び方のポイントは、防水処理がしてあること、靴底の柔らかさ、です。
ブーツタイプの靴は、土や泥が靴の中に入ってくることを防いでくれます。
ガーデニング用品店で、沢山の種類があります。機能面でも自分に合った靴を選んでください。
自宅の庭の日々の掃除は、ガーデニングでは欠かせません。
そんな時、便利なのが「レーキ」という熊手の大きいものや、手作業では大変な落ち葉や刈った枝を吸引したり、吹き飛ばすことができるガーデンクリーナーです。
価格は大体一万円前後で、短時間で楽に掃除でき、便利な道具だと思います。
庭のアクセントになる雑貨選びは、ガーデニングの楽しみの一つだと思います。
ガーデニング雑貨には、色々な種類のものがありますが、植物を人工的に形作った造形物のトピアリーを、アクセントにしてみるのも素敵ではないでしょうか。
ガーデニング用品店では、完成品の他にも自分で作る手作りキッドもありますので、プレゼントにもオススメです。
posted by (屁)理屈オヤジ at 17:34| ガーデニング

ガーデニングに必要なもの じょうろ スコップ はさみ…

ガーデニング用品で代表的な物がシャベルです。
庭があって、花壇を作ったり、大きめの木を植えるという人には、大きいシャベルが必要です。
花壇や鉢に、苗等を植える時には、小さいサイズのシャベル(スコップ)があります。
基本的にシャベルは自分が使いやすいものを選んでください。
ポイントは握り具合、柄の付け根がしっかりしている、重さ、等です。
じょうろは、鉢植えや観葉植物を育てていくために、とても大切です。
ガーデニングコーナーに行くと、色々なじょうろがあって迷ってしまいます。
じょうろは見た目がいい物もいいですが、ヤッパリ使いやすいものを、用途に応じて選んでよりガーデニングを楽しみましょう。

ガーデニングは、素手で行う人もいますが、手荒れやケガ、作業のしやすさを考えるとグローブは必要です。
ガーデニング用グローブの選び方のポイントは、目がつんでいて、土が入らない様になっていて、手首がゴム編みになっていて、手のひら側にゴムの斑点などの滑り止めがついているものがオススメです。

土や肥料の袋を開けたり、植物のお手入れの為にガーデニング用ハサミは必需品です。
選び方としては、まず握り具合をチェックして下さい。
ハサミはガーデニングでは、何かと使うものなので、使いやすいことが一番です。
刃が手入れが簡単なmステンレス製のものや、グリップがビニールコーティングされて手に優しいものがあります。
posted by (屁)理屈オヤジ at 17:34| ガーデニング

ガーデニング雑貨でアンティークな雰囲気を出す

自宅の庭を華やかにしたいから、ガーデニングしようと思う人は多いと思います。
ガーデニングするなら、難しく考える必要はありません。
ガーデニングは、花等の植物を育てることだけではなく、庭などに可愛い小物を置いたりすることも、立派なガーデニングです。

庭に置くガーデニング商品の中でも、ナチュラル感が出せる木製やアンティークの商品は人気があります。
アンティークは、使いこまれたものならではの深みや味が出ていて、見る人の心を和ませることができます。
でも本物のアンティークは値段も高いし、なかなか買えるものではありません。

古い木材を使用したアンティーク調の小物や、小さい家具は値段も手頃なので、ガーデニングに取り入れてみるといいと思います。
アンティーク調のガーデニング用品を選ぶ時は、味のある状態か、きちんと使用できるかを確認して下さい。
せっかく買っても、ガタついて使えないような状態だったら、買った意味がないです。

アンティーク調のガーデニングを目指すのなら、天使や女神などの像を置くと、アンティークな雰囲気が出て良いと思います。
ホームセンターのガーデニングコーナーで売っていますので、手軽に入手することができます。
自分のイメージ通りに設置することが出来たら、誰が見ても素敵なアンティークガーデンになると思います。
posted by (屁)理屈オヤジ at 17:34| ガーデニング

屋上ガーデニングや屋根上ガーデニングについて

最近増えてきたガーデニング方法に、「屋上ガーデニング」があります。ビルや集合住宅の屋上に、木や植物を植えているのは見たことがあると思いますが、最近では一般住宅の屋根の部分を花壇にする住宅メーカーもでてきています。
敷地が狭い、都市型住居に住んでいる人でも、自然と親しめる空間が確保することができます。

屋上ガーデニングは、屋根を緑化するので、夏は涼しく、冬は暖かく、ヒートアイランドの防止や省エネ効果も高くなっていて、環境面でも注目されています。
自宅の屋上をガーデニングしたい場合は、事前に屋上面が、完全防水されていることを、専門業者に確認してください。

一般住宅での屋上ガーデニングは、防水処理をした合板の上に、プラスチック製のフィルターを重ねて植物の根が防水素材を突き破らないようにします。
フィルターの上に、保水層を作るための樹脂を重ねて土を盛ります。最近ではフィルターの強度が増したり、軽量土が開発されたりして屋根への負担が軽くなってきています。

価格は1平方mあたり、大体3万円から五万円位です。
今はまだ、屋上ガーデニングは高価ですが、これから先一般住宅に普及していけば、更に充実した安くて良い屋上ガーデニング製品が出てくると思います。
都心のどこの家庭でも、屋根から緑の臭いを嗅ぎながら空をながめることができたら素敵です。
posted by (屁)理屈オヤジ at 17:34| ガーデニング

春のガーデニングを始める準備をしてみよう

春になると、暖かい日差しに誘われて、外に出たくなります。
ガーデニングをしよう、と思っている人なら、そろそろガーデニングの準備を…と、心を弾ませているのではないでしょうか。

庭に花を植える前準備として、まずは雑草を抜いて、花壇をリフレッシュさせてあげましょう。
雑草を抜いても、根が土の中に残ってしまうとまた生えてくるので、できるだけきれいに雑草の根っこも取り除いて下さい。
新しい花壇の場合は、土を軟らかくする為に、良く耕しましょう。
腐葉土を適量撒いたら、移植ゴテ一つ分くらいの花の苗の根の張る深さまで良く耕して、土を平らにして下さい。

植える花は、春ならバーベナ、マリーゴールド、スィートアリッサム等がいいと思います。
花の苗をパックから出す時は、丁寧に茎を持って優しく抜いて下さい。無理に茎を引っ張ることはしないで下さい。
絡んでいる根っこを少し解して、根鉢よりも少し大きめの穴を移植ゴテで掘って植えていきます。

花の苗を植えて、葉や花にかからないように水をたっぷりあげたら花壇の完成です。ガーデニングは子どもを育てるのと似ていて、花や苗に愛情を持って優しく扱えば、花も喜んで大きく育って綺麗な花を咲かせてくれるでしょう。ガーデニングはとても楽しいですし、癒されますので、春にはぜひガーデニングに挑戦してみてください。
posted by (屁)理屈オヤジ at 17:34| ガーデニング

マンションでベランダガーデニングを楽しむ

マンションに住んでいて、庭がない場合でも、ベランダでガーデニングを楽しむことができます。
ガーデニング初心者は、まずは簡単に育てられる花を選んでください。
簡単に育てることができる花の中でも、人気が高いのが「ハーブ」です。ハーブは比較的手軽に育てることが出来て、丈夫に育ってくれます。
ベランダガーデニングは、自分が育てて、見て楽しむために始めることですので、最初からプロのような難しいことをする必要はありません。
ベランダガーデニングは、最初から大きな花畑を作らないで、まずは小さなものから始めましょう。そういう意味でもハーブが良いのではないでしょうか。

小さな花畑で慣れて、上手に出来るようになってきたら、次は自分の好きな花、気になっている花、飼育の難しい花を育ててみるといいでしょう。
それでも、ベランダガーデニングの初心者は最初に何をしたらいいか解らなくなってしまうこともあります。
そんな時は、ベランダガーデニング経験者に教えてもらうといいと思います。
ガーデニングを、自分のペースでゆっくりと覚えていこう、という人ならいいですが、少しでも早く上級者の仲間入りがしたい人は、カルチャーセンターに通うことも、いい方法だと思います。
気の合うガーデニング仲間が出来て、ガーデニングを途中で諦めたりせず、長続きさせることができるので、オススメです。
posted by (屁)理屈オヤジ at 17:34| ガーデニング