2008年10月04日

大豆飴

大豆あめという、なんともおいしそうな飴があるようですね。

七尾の代表的な名物が「大豆飴」だということですが。
古い時代に「まめあめ」というのがあり、いつしか「大豆飴」として定着したようです。
「大豆飴と言えば七尾」、「七尾の名物と言えば大豆飴」と言ったように、割と有名らしい雰囲気でしたが、私は「大豆飴」は初めて聞きましたし、まず七尾とはどこでしょうか。

石川県能登地方の中心都市の七尾市というところだそうです。

大豆飴の作り方は水飴、大豆の粉を練り合わせて、焼いたクルミを加えて笹の葉に包みます。
独特の風味と香ばしさでたくさんの人々に好まれているようです。
作り方だけ見ると簡単そうですが、やはり自宅で作るのは困難かと思われます。
わかりやすく言うと「きなこ飴」という感じでしょうか。

今は、きな粉はブームですからね。ヘルシーでおいしい。
そんなブームからか、大豆飴のお店もとても多忙を極めている様子がうかがえました。

チョコレートやアイス、市販の飴にも、きな粉味があります。
きな粉と牛乳を混ぜて、きな粉牛乳や、知人に聞いためずらしい飲み方ですと、ヨーグルトにきな粉を混ぜて、ヨーグルトきな粉などもあるようです。
また別の知人から聞いた、もっと珍しい食べ方ですと、マカロニをゆがいてきな粉をまぶして食べる「マカロニきな粉」。
これはかなり驚きましたが、私はまだやってみる勇気がありません。
気になる方は、是非試してみてくださいね。
posted by (屁)理屈オヤジ at 17:35 | TrackBack(0) | 野菜
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20533774

この記事へのトラックバック