2008年10月04日

黒大豆

黒大豆とはあまり耳にしたことがない言葉ですが、お正月のおせち料理などに入っている黒豆の事だそうです。
普通のご家庭では市販の黒豆を買う方が大半だと思いますが、私の家では、お正月の前には大きなお鍋で黒豆を煮ます。
煮こぼれないように常に誰かが見張りながら煮るのが手間ですが、そんな昔ながらの黒豆の甘煮も風情があって良いかと思います。
市販の豆はとても甘いですので、甘すぎる豆が嫌いな私は、市販の物を買うよりも、手作りでお砂糖の加減で甘さ控えめの豆が好きです。
手間はかかりますが、とても簡単に作れます。
お正月だけではなく、普段でも作れたら良いのですが、少量を作るのは難しいように思います。白いご飯や煮物でも同じですが、大きなお鍋で作る方が不思議とおいしく出来上がりますね。

黒大豆は食べるだけではなく、せっけんや、お茶にも変身するみたいですよ。
豆腐のせっけんはよく聞いたことがありますが、黒大豆の石鹸は初めて知りました。
色がよく似た感じですと、炭の石鹸もありますね。
炭のせっけんは泡も炭色ですが、黒大豆のせっけんは、せっけんは黒色ですが泡は白い泡が出るようですよ。

黒大豆のお豆腐もありますね。
まだヘルシーブームなどが全くないころに、ウチにたまたまあった黒大豆のお豆腐。
灰色で、とっても奇妙だと思ったことを思い出します。
子供の私は「お地蔵さんのお豆腐」と言っていました。お地蔵さんみたいな色のお豆腐ということです。

今は、黒大豆のお豆腐は大好きですが、普通のお豆腐と比べるとちょっとお値段がしますので、普段はあまり食べる機会がありません。
posted by (屁)理屈オヤジ at 17:35 | TrackBack(0) | 野菜
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20533772

この記事へのトラックバック